白内障の手術ってどんなことをするのかというと、水晶体の濁っている中身を吸い出して、人工レンズを入れるというものです。 白内障は、水晶体が濁ってしまう病気です。 ですので、この水晶体の中の濁ったものを取り出さなくてはいけません。 そのため、まずは目の嚢という薄い皮に、小さな丸い穴を空けます。 その穴に細い筒状の器具を入れて、嚢皮質分離させ、中の混濁を丁寧に吸い出していきます。 そして、人工レンズを入れて、白内障の手術は終わりです。 白内障の手術は所要時間が15分〜30分と、とても短くて済みます。 だからといって、簡単な手術ではありませんし、早いからいいというものでもありません。 白内障の手術は、入院をしなくてもよくて、日帰りで行うこともできます。 目を手術するなんて怖い、痛そう、と思われる方も多いですが、大丈夫です。 手術中は光を当てられるので眩しいですし、目にメスが入りますが、あまりにも目に近すぎて、なんだかよく分かりません。 また、ちゃんと麻酔するので、痛くもありません。 ただ、白内障の手術を受ける際は、医師から納得がいくまでしっかりと説明を受けるようにしましょう。